2017/03/26

余寒

余寒、「冬の寒さが余る頃」ということで

ならば楽しむしかない

むしろ名残惜しいぐらい

ありがとう冬

2017/03/19

また来てね。


お父さんに手を引かれてやってきた小さな画家が

こんな素敵なものを残してくれました。

ありがとう。

また来てね。